購買システムのデファクトスタンダード

  • FAQ
  • サイトマップ
  • べんりねっとログインはこちら
  • Powered by Kaunet
  • HOME
  • べんりねっととは
  • サービス概要
  • べんりねっとの特徴
  • 豊富な導入実績
  • 実現できること

豊田通商株式会社

経費削減のために「べんりねっと」を「e-Store」の名称でグループ展開。 環境会計把握のためのツールの役割を担う。

企業データ

創 立: 1948年
従業員数: 2,899名
資本金: 267億円
所 在 地: 名古屋本社:名古屋市中村区名駅四丁目9番8号
東京本社:東京都千代田区丸の内三丁目8番1号
     

豊田通商株式会社様はトヨタグループの商社で、「金属」「機械・エレクトロニクス」「自動車」「エネルギー・化学品」「食料」「生活産業・資材」の計6事業領域において積極的な進出をし、豊かな社会づくりに貢献する価値創造企業を目指されてます。

今回は豊田通商グループに総務系アウトソーシングサービスを提供している豊通オフィスサービス株式会社様にお話を伺いました。

導入までの経緯

豊田通商様では「べんりねっと」導入前は、

(1)購入品目毎に発注方法が違い購入者が混乱
(2)納品までのリードタイムが長く、急ぎの発注処理が多い
(3)月中での購入状況が把握できない
(4)エコ調達比率データがないためグリーン購入化が進展せずISO活動が思うようにいかない

といった問題が生じていた。
そこで豊田通商様に於いては「簡素化」「グリーン化」「経費削減」「購買管理」を、同社に於いては「業務改善」「経費削減」「グループ展開」を実現するツールとして「べんりねっと」を提案し、豊田通商様にプレゼンを行い、効果を認められ導入が決定した。

導入時

「導入においては関連各部署との調整が必須であった。」
「中でもシステム部門からはセキュリティに対する必須要件があり、それを満たす必要があった。」(名古屋管財グループグループリーダー重松様 談)
そのため、自社のイントラネットを経由しないとアクセスができないようにIPアドレスでの制限を加えるなどの対応を行った。
また、「導入するだけではなく、社内に浸透させるための活動も非常に重要」(名古屋総務グループグループリーダー 高橋様 談)であったという。

社内に浸透させるために

1.自社ポータルシステムからの連携
2.自社独自のロゴと、オリジナルネーミング
3.環境対応商品を中心にした商品マスタにより、自社のシステムとしてご利用いただく 
ことにより、浸透率を高め、現状の稼働率はかなり高い。

今 後

「当初の目標どおりに導入も完了し、目的の一つであった環境会計のためのデータ取得もスムーズに行き、現状特に不満はない。」 「今回トーメンとの合併を機に、本体のみならずグループ会社16社に導入を拡大できたが更にグループへの展開を加速していきたい。」
と重松様に締めくくっていただいた。

ページの先頭へ

関連項目

  • パートナー紹介

    「べんりねっと」に参加しているサプライヤをご紹介します

  • 導入のご相談・資料請求はこちら
  • 購買管理ノウハウを凝縮した小冊子プレゼント

Copyright ©  Kaunet Co., Ltd. All Rights Reserved.