購買システムのデファクトスタンダード

  • FAQ
  • サイトマップ
  • べんりねっとログインはこちら
  • Powered by Kaunet
  • HOME
  • べんりねっととは
  • サービス概要
  • べんりねっとの特徴
  • 豊富な導入実績
  • 実現できること

株式会社東京商工リサーチ

企業情報

会社名:株式会社東京商工リサーチ
従業員数:1,797人(2016年 3月末現在)
創業:1892年8月
資本金:67,008千円
所在地:東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル10階

東京商工リサーチ(TSR)は、1892(明治25年)8月に「商工社」として創業し、現在では日本全国に80(本社2、支社8、支店70)の事業所を構えています。
民間信用調査機関として業界最古となる120年以上のキャリアを持ち、企業間取引に欠かせない与信管理の分野や、近年では営業・マーケティング分野においても重要な役割を担っています。
日本ではじめて“倒産”の言葉を定義づけた会社としても知られ、各種リスク情報をサービスする等、オンビジネスの世界では欠かせない情報を提供しています。
また、提供している企業情報は国内だけでなく海外にもおよび、提携している世界最大の企業情報サービス会社ダンアンドブラッドストリート(D&B)のグローバルネットワークにより全世界200カ国超、2億5,000万件以上の企業情報(2016年6月現在)を国内において唯一ワンストップで提供できる体勢を構築、世界最大級の企業情報をオンラインで提供しています。

導入のきっかけ

当社は、全国80ヵ所に事業所を展開しています。各事業所で日々必要となる消耗品は、事務用品だけでなく印刷物、名刺など必要な物品が幅広く、そのうち事務用品業務は商品の選定から発注、支払まで各事業所それぞれに任されていました。
そのため、同じ事務用品でも購入単価がまちまちな点や全社の消耗品購買状況の把握ができないなどコスト・業務面での課題を多く抱えており、企業規模に応じたスケールメリットを享受することができていませんでした。
また、消耗品の中でもアイテム数が多く存在する印刷物に関しては、本社総務部が在庫管理を行うと共に、全国の事業所分の注文を集約・発注先選定・発注手配・納期確認・経費処理までの業務をアナログな方法で行っていたため、手間が掛かる上に非常に煩雑な業務になっていました。
そこで本社総務部では、まずは業務が煩雑で課題の多い印刷物の業務見直しから取り組むことになりました。
在庫管理から発注管理・制作工程管理・納品問い合わせ管理まで全工程の見える化と業務時間の大幅な短縮を目指しました。
ちょうどオフィス関連の課題解決に関する提案で訪問してきたコクヨ株式会社のファニチャー部門に相談したところ、コクヨのグループ会社である株式会社カウネットから印刷物を含む消耗品全般を対象とした購買業務改善提案を受ける一方で、既存の取引先の1社であったべんりねっと印刷サプライヤー企業から印刷関連物のトータルマネジメント提案を受けていたことが、購買システムべんりねっと(ライト)導入のきっかけとなりました。

当社の課題

  • 消耗品の事業所ごとの分散発注によるコスト削減の機会損失や全社統制環境の未整備
  • 事務用品の支払処理を事業所ごとに行っている
  • 印刷物購買業務における煩雑な事務業務と在庫管理・発注方法の効率化

コクヨ・カウネットからの提案

コクヨ・カウネットの提案は、印刷物だけでなく消耗品全般を対象に、購買から振替・支払などのバックオフィス業務削減までを含む幅広い購買業務改善提案でした。

  • コスト削減と統制環境の整備を同時に実現させるため、購買業務全体をシステム化することで分散発注集中管理へ改善すべく購買システム「べんりねっと」を活用する
  • 印刷物については、べんりねっとサプライヤー(印刷会社)が提供する「出荷・在庫管理DB」とべんりねっとをシステム連携させることで、印刷物の一元管理と見える化を実現する
  • 購買システム「べんりねっと」を購買一元化システムとすることで、一本化された支払情報データを会計システムへ連携し、内部振替・支払業務といったバックオフィス業務自動化を実現する

導入効果と今後の展望

印刷物業務の見直しから始めた今回の取り組みも、結果的には印刷物だけでなく名刺・事務用品・生活用品・印章・電報・書籍・雑誌など幅広い物品を購買システム「べんりねっと」に集約することになりました。現在では全国事業所ごとに分散発注できるようになり、会計システムともデータ連携したことで、バックオフィス業務も簡素化され、同時に集中管理と全社統制環境が実現できました。

既にべんりねっと導入により本社総務部担当者の業務は毎月8時間削減できており、単価が安い消耗品をオススメ商品として展開することで、人件費以外のコストダウン効果も年間で200万円以上を見込んでいます。
システム稼動前には、社内広報としてWeb会議を活用して全国で説明会を実施したこともあり、各事業所や部門から本社総務部への問い合わせもほとんどありませんでした。名刺、印刷物の発注がべんりねっとを通じてしかできない環境としたことで、新たな購買システム利用にも効果がありました。
今後は事業所ごとの活用状況を注視し、べんりねっとシステムから手軽に得られる管理データを利用するなどして、効果を最大限に発揮できるよう定着を図って行きたいと考えています。
導入にあたっては2016年1月にキックオフミーティングを実施。印刷物については在庫運用の改善(品目の整理・最適在庫数見直しなど)、在庫の移管など印刷サプライヤー企業のソリューションを活用、消耗品購買についてはべんりねっとの推奨サプライヤーはじめカウネットが提供するノウハウを活用する事で導入準備から経理データ処理テストやパイロット稼動、説明会を計画通りに遂行し4月の全社稼動を実現しました。
今後もべんりねっとを活用して継続的な改善に取り組んでまいります。

株式会社東京商工リサーチ
管理本部 総務部 課長 齊藤 宗徳 様(右)と高坂 亜由美 様(左)

ページの先頭へ

関連項目

  • パートナー紹介

    「べんりねっと」に参加しているサプライヤをご紹介します

  • 導入のご相談・資料請求はこちら
  • 購買管理ノウハウを凝縮した小冊子プレゼント

Copyright ©  Kaunet Co., Ltd. All Rights Reserved.