購買システムのデファクトスタンダード

  • FAQ
  • サイトマップ
  • べんりねっとログインはこちら
  • Powered by Kaunet
  • HOME
  • べんりねっととは
  • サービス概要
  • べんりねっとの特徴
  • 豊富な導入実績
  • 実現できること

第10回:続ける

~購買改善を継続するために~

このごろ『メタボリック症候群』という言葉をよく聞きます。この話題の流れにはパタンがあって、食材は〇〇が良いなどという話題で盛り上がり、次は“運動がいいね”となる。そして落ち着く先は“運動は続かないよね”で終わることが多いように思います。カイゼンという言葉を世界の共通語にしたトヨタ自動車のように、企業文化や遺伝子に組み込んでしまうまでには大変な苦労があるのだと感じますし、公開された手法を真似るだけでは成果につながらないということ事態がカイゼンを“続ける”ことの難しさを示しているように思います。良いことであっても痛みをともなうことは何事も続かないものです。

今回はこの”続ける”ことについて触れたいと思います。

販売を担当していた頃なのでよく憶えているのですが、昔不況になると“経費削減=封筒を裏返して使う”という通達を出されることがありました。倹約をするという意識を植え付けるための意味があったのでしょう。でも、あとから考えるとほとんどの会社でこのような通達は、解除されていないのに3ヶ月もすれば元に戻っていました。

購買改善に必要な”続ける”は先に述べた通達がなぜ継続できなかったのかということを考えてみることで理由を見つけられます。

継続できなかった理由の一番目はその作業に必要な経費(人件費)と効果(削減コスト)のバランスが悪かったことではないでしょうか。どんな人でも自らの価値を考えながら仕事をするわけで自らの時給と見比べた人は多いのではないでしょうか。ましてや暇な人間がいるからという理由でこの結論が出されたとすれば人材の無駄使いだと思います。

ふたつ目の理由は封筒を裏返して使っているかどうかを管理し続けられなかったからだと思います。お客様に郵便を送るときに裏返った封筒を出せないなどの理由から新しい封筒が全くないとは考えられません。つまり新しいものを使いたいと思えばそこにあるわけなので、いつの間にか新しいものに戻ったのだと思います。

このふたつの理由から導ける方法論は次のようなことだといえます。

  1. (1)推進者であれ、現場であれ取組んでいる社員全員がその効果を理解できるようにすること、個人に徹底できそうになければ業務としての負担を増やさないこと
  2. (2)大きな負担なく状況把握や管理ができること

方法論(1)は方針の徹底とともに具体的な説明が必要だということを意味し、(2)は仕組みの大切さを示していると考えます。そして改善を続けるためにはこれ以外に推進のための体制だと思います。良くPDCAサイクルと言いますが、この形が本当に定着するためには一定期間は社内に小言を言い続ける体制が必要です。この体制が内部にないとするなら、外部に求めてでも体制をつくらないと経費や投資が無駄になります。

購買改善の“続ける”ために身も細る努力される担当される方々であっても自分のおなかについた脂肪は、ひとり一人が運動を続けなければ無くならないのも事実です。本当に“続ける”ことは難しい!

ページの先頭へ

関連項目

  • サービス概要

    「べんりねっと」が提供するサービスをご紹介します

  • 導入実績

    「べんりねっと」を導入されたお客様の事例をご紹介します

  • How to Success 購買管理

    無料冊子「How to Success 購買管理」をプレゼント中!

  • 導入のご相談・資料請求はこちら
  • 購買管理ノウハウを凝縮した小冊子プレゼント

Copyright ©  Kaunet Co., Ltd. All Rights Reserved.